新宿のキャバクラのアルバイトを始めよう

新宿の街

新宿のキャバクラの基礎知識

新宿のキャバクラでアルバイトを始める場合、これまでに経験のない人の場合、分からないこともたくさんあるはずです。
そのため、これから働き始める場合には、基本的ない知識くらいはもっておきたいものです。

基本システム

まずは、基本的なシステムから覚えるといいでしょう。
新宿のキャバクラは60分間で何円という料金設定になっている場合が基本です。この料金をセット料金と言います。
新宿のキャバクラを利用する場合には、このセット料金の他に、女の子の指名料金やドリンク代、同伴料金やボトル代が加算されることになります。

そして、これらの料金に消費税やサービス税が加算されることになります。消費税やサービス税を合わせた金額をTAXと言います。
これらは30%くらいになることが多くなっているます。利用する側の人はこれらの料金について知っておきたいですね。

大阪では、延長をする時間になると、確認をしてもらえるところが多くなっているのですが、東京では延長の確認をしているところは少なく、注意が必要となります。

お客さんのタイプについて

また、これから新宿のキャバクラでアルバイトをしようとしている人には、お客さんには、2つのパターンがあることも知っておいて欲しいと思います。
それは、指名客やフリー客についてです。

フリー客には、基本的に女の子が入れ替わりで接客をすることになっていて、指名客には、指名された女の子が接客することになっています。
そして、指名には、2つの指名タイプが存在しています。

それは、本指名と場内指名です。本指名はお客さんが来店した時に女の子を指名する場合で、場内指名はフリーの状態で、気に入った女の子がいた場合に指名をすることです。
新宿のキャバクラでは、本指名の数によって、時給が変動するところが多くなっているので、本指名をどれだけもらうことができるのかはとても重要なポイントとなっています。

場内指名と本指名の2つのタイプで特に獲得するのが難しくなっているのは、本指名です。場内指名は簡単にとれることもありますが、本指名はまた来店をしてもらうために、連絡や営業をしなくてはいけないこともあり、少し難しいのです。
場内指名と本指名では、本指名の方が、お店への売上にも大きくつながることもあり、本指名は特に評価されるようになっているのです。

ヘルプについて

新宿のキャバクラで働き始める場合に、指名について確認することができると、次に確認しておきたいのがヘルプについてです。
ヘルプの知識は新宿のキャバクラで働く場合には、すぐに必要となってくる知識なので、よく確認しておきましょう。

ヘルプとは、女の子が複数のお客さんから指名をされた場合に、お客さんの空き時間に代わりに相手をすることです。
新宿のキャバクラでヘルプをする場合には、守っておくべきルールがいくつかあるので、確認しておきましょう。

その1つは、お客さんにベタベタしすぎないことです。お客さんにベタベタすることによって、指名をもらっている女の子から客を奪ってしまうことになるからです。
そのため、適度な距離感でお客さんと接客するようにしておきましょう。

また、番号交換もしないようにしておきましょう。自分から番号交換をしようと言うのはもちろんダメですが、お客さんから聞かれた場合でも、断るのが基本となっています。
そして、新宿のキャバクラでヘルプをしている時には、ドリンクを頼むこともやめておきましょう。
指名している女の子にドリンクを飲みたいと思っているお客さんが多く、ヘルプの女の子にお酒を頼まれるのはあまりよく思わない人がほとんどです。

そのため、喉が乾いても我慢しておきましょう。

ちなみに、夜の街でも有名な池袋のキャバクラ渋谷にあるキャバクラでも多数の求人などはあるので、自分に合う要素をチェックしてみても良いかもしれませんね。